コラム「四季の風」

日本サッカーがやばい

2021.10.12

コラム「四季の風」

 ◆「やばい」という言葉がある。元来は危機的な状況を意味し、若者言葉と思われがちだが実は江戸時代から使われているそうだ。近年ではポジティブな意味でも使われる。例えば「あの先輩はやばい」という言葉は「危険な先輩」という意味にも取れるが「すごい先輩」と言う誉め言葉にも使える。色んな場面で使える非常に便利な言葉と言えるだろう

◆さて、前置きが長くなったが今のサッカー日本代表がやばい。この「やばい」はポジティブな意味ではなく危機的な状況、という意味である。ワールドカップ出場を懸けた最終予選で3戦1勝2敗。出場枠の2位以内に入るには非常に厳しい状況で、間違いなくやばい

◆にわかサッカーファンの立場では、無責任に監督や選手の批判をしてしまうが、実際のところ批判は誰にでもできる。表舞台で戦っている選手たちの重圧は図りしれないものがあるだろう。批判も良いが声援を送り後押しする気持ちも忘れないようにしたい

◆厳しい状況にあるとはいえ、予選突破の可能性がなくなったわけではない。ここから本領を発揮して良い意味で「日本サッカーやばいな」と言わせてほしい。(N)

お問い合わせCONTACT